create a day.
NEW YEAR
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
はじめてのフェルト

 

前から一度やってみたかった、フェルト。

ついつい、フェルト一歩手前に してしまうことは

これまでたくさんあったけれど 涙…

 

フェルトは、毛の持つ 負の要素を見事にプラスに変えて、手品のように

不織布にしてしまう なんとも魅力的な技法。

 

ウールをすくも藍で染める時、「そうならないための条件」について試行錯誤した。

どうすれば、ウールをふっくらと、濃く、染めることができるか

 

要は簡単。

毛の方向を揃えること、摩擦をなくすこと、なんですよね

 

 

フェルトは、その真逆をすればいいのだ!ということで・・・

2011 SPINNUTSに載っていた加藤ますみさんのフェルトの記事を参考に

トライしてみました。

 

記事を読んでも、目的の大きさ・厚みにするためには、

何倍の大きさの面積に、どれくらいの量のウールを何層重ねたらいいんだろう?

という目安が分からなかったので、感覚でやってみました。

 

 

そもそも、なぜ今フェルトかというと、

flat cushionの裏面を 試しにフェルトにしてみようと思ったからです。

 

今回は、奈良の大切な友人の開店10周年記念のプレゼントに、

お店のデスクで背もたれとして使えるように 厚みを持たせたクッションタイプ。

 

 

で、こうなりました・・・笑

 

 

あら?

なんか、ビロビロしてるで・・・

 

 

最初、石鹸水をかけて ウールと馴染ませて 手で軽く擦りながら、一体化させていく…

その感覚が分からずに、せっかく均一に置いた毛が動いてしまって、密度もまばら、形もグダグダ笑

泣きそうになりました(/_;)

 

完全にフェルト化する前に、薄いところに毛を足して

ローリングを重ねると みるみる縮んで 目的サイズの一回り大相当になりました。

 

その後、フェルトをやっている友人に やってみた上で分からないこと を聞いてみたら、

な〜るほど!最初の石鹸水の量が少なかったのと、必ずエアパッキンを挟んで2層にして成形して

後で切って開けば きれいな形になる…

 

ヨシ!次はきれいなフェルトができるぞっ◎!

友人は以前ジョリージョンソンさんのアシスタントをしていたことがあり、

ジョリーさんのフェルトはとってもタフなんだけど、ローリング一方向300回なんだよ!

それを何セットも繰り返すの...という話を以前から聞いたことがあったのですが、

やってみた感覚としては、ローリングすればした分、縮んでいくようなので、

これ以上ローリングすると目的のサイズより小さくなっちゃうから ここで止めておこう、

という結果になってしまいました。

タフなフェルトを作るには、もっと薄く大きく広げて収縮率を高くしなくちゃいけないですね..

何事も やってみて失敗するのが一番勉強になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

厚みは5伉度。

ウールは、表地の綴れでも使用したトルコ羊毛(SPINNUTS)

 

 

洗って乾かしてから

綴れで織った表面との間に、前回の4倍量の毛布を入れ込み、フェルトと縫い合わせて、完成。

フェルトって、織らずして隙間のない布になり、平面にも立体にもできて、切ることも縫い合わせることもできる。

自由度が高いなぁ〜!

 

 

 

 

 

テーマは、友人の屋号の満月と、奈良。

 

使用した糸は前回と同じですが

今回の白糸は、犬毛ではなく ヒツジ、

茶・黒はウール オリジナルカラー、

黄は やまもも、赤はインド茜、青はすくも藍で染めた手紡ぎ糸

 

 

 

 

なかなか、いい感じです。

 

何より、友人が喜んでくれて よかった よかった!

 

 

 

 

 

 

 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hishiko1983.jugem.jp/trackback/242
<< NEW | TOP | OLD>>