create a day.
NEW YEAR
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
身体の要

 

なってみて初めてわかる さまざまな痛み

ほんとうに、その身にならないと分かりませんね...


悶絶する神経の痛み

全神経が 身体の要に集中する・・・

身の置き所のない痛み 

平らになって寝ていても、手の重みや足の重みが こんなに腰に負荷をかけるとは

思いもしませんでした。

 

椎間板を傷めてしまいました。いはゆる「ぎっくり腰」です。

5日経ち、ようやく痛みが治まって歩けるようになりました。

まさか、自分が...!です。

 

ヘルパーをしていた時も腰は大丈夫だったし、

サラリィマン時代も 重たい分析装置や商品を持って階段を昇り降り...

なんてしょっちゅうやっていたので、力もあるし腰には自信があった

はず、なのに...

 

それに

ある本を読んでちょっとした感銘を受けて、7月半ばから走り出した私。

朝の30分、歩いてもいいからとにかく毎朝ランニングシューズを履いて

外に出ようと決めて、最初は3辧

徐々に距離をのばして今は6匸し。

どうしても同じ姿勢で集中すると、筋肉も凝るし、リンパの流れも滞りがちなので

朝走ることで1日のウォーミングアップにもなるし、いい感じ。と

思っていた矢先、なのに...

 

すべての過信が裏目に出ました 笑。

 

いろいろと調べていると、やっぱり「こまめに動く」「定期的に動く」

ことが重要なんですね。

子どものように、じっとしていないでいつも動いている というのが

一番の腰痛予防なんだそうです。

 

なるほど、です。

どうしても、とくに織りの作業は、面白いのでついつい集中して何時間も

というかほぼ1日座りっぱなしのうつ向き姿勢です。

考えてみると、身体にとってイイ訳がないですね...

いくら毎朝ランニングしていたとしても、意味がないわけです。

 

まったくの思い違いでした。

でも、椎間板は自然治癒するものだということがわかったので

今後 再発しないように 作業の仕方を考え直す

本当に いいきっかけになったと 思っています。

何より、「過信」がはがれて、よかった。

 

ということで、じっとするしかないこの日々。

カード織の鈴木美幸先生からお借りしている 絶版本、

吉岡常雄氏 著「天然染料の研究」

を写経のようにPCに書き写す作業をしたり(すばらしい本です)

F先生にいただいた、昔NHKで放送されていた「アジア染織紀行」のDVDを見たり、

しているうちに たくさんの学びがありました。

(こういう類の民族文化の記録映像は、今後ますます貴重になっていくのだろうな..)

 

シェルパ族のヤク毛織物、ブータンの織物、いずれも輪状整経にして 地機で織っています。

巾は広くないにしても、かなり腰にキそうです..

でも、あくまでも染織は彼らにとって 日常の中の仕事ですから、織るだけでなく

いろんな仕事を 合間あいまに しているはず

 

染織の「ほんらいの姿」を見失わずに、

これから永く追求していきたいなと

思い新たに しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徒然 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hishiko1983.jugem.jp/trackback/236
<< NEW | TOP | OLD>>