create a day.
NEW YEAR
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
総天蚕のコースター

 

今年度のやまこの学校の集大成

 

11月3日 

なんとも贅沢な、経・緯ともに 天蚕の、やまこの 糸で

10僖魁璽好拭璽汽ぅ困鮨イ襦,箸いζ睛

 

集会所に行くと、本郷先生とサランちゃんが

経糸の準備をされていたので私もお手伝い。

 

近頃、ウールばかり見ていたせいか、

滑らかでコシがあって、眩しいほどに美しくきらめく絹糸に

ほれぼれ〜!!!いや、これは天蚕だからこそ なのですね、きっと。

整然と規則正しく張られた天蚕生糸の美しいこと!!


 

 

 

 

2機の機、ずいぶん長いこと使われていなかったようですが

本郷先生がきちんと織れるように 都度 工夫して 調整してくださいました。

 

 

 

経糸

 

  

緯糸

 

 

経糸は天蚕の生糸、緯糸は各自 くず繭(羽化して抜け出た後の繭)から糸を引き出して

撚りかけした手びき糸を用いました。

 

一人ずつ、自分で作った手びき糸を竹管に巻いてコースターを織っていきます。

みなさん、真剣そのもの。

 

参加している地元の小学生の男の子が時間の都合で一番最初に織ることになり、

そばで補助していたのですが、

子どもって すごいな〜〜! 感激しました。

もちろん、その子にとってすべてが初体験なのですが、

こうするんだよ〜というポイントの要点をすぐ理解して

ものすごい集中力で ゆっくり、丁寧に、織っていきます。

そして織りあげた後、お母さんが「楽しかった?」と尋ねて「うん」と

はにかんだ笑顔がかわいかったこと!

 

総天蚕、というさらに特別な体験ではありますが

力強い自然の素材に触れること、一から何か形を作り上げる手仕事を体験すること、

子どもの頃に経験できるって なんてすばらしいんだろう。

 

私にとっても、すばらしい体験でした。

 

 

 

そして、先日

本郷先生が一つ一つ、経糸の始末もして、一人ひとり丁寧に名前入りで

包んでくださったコースターを 古田さんが届けてくださいました。

 

何とも大切な、記念の1枚になりました。

 

 

 

 

 

 

ヤママユ comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hishiko1983.jugem.jp/trackback/231
<< NEW | TOP | OLD>>